de JR1OFP


運用周波数: 1.9MHz 〜 1200MHz
運用モード :  CW、 SSB、FM、RTTY、PSK31、D-Star、C4FM
使用リグ    :  1.9MHz 〜 50MHz :  IC-756PRO (100W)
                     144MHz              :   IC-7000M (50W) 、 ID-51(5W)、 FT1D(5W)
                      430MHz             :   IC-7000M (35W) 、 ID-51(5W)、 FT1D(5W)
                     1200MHz            :   TM833 (10W)


QTH    : 神奈川県横浜市都筑区 JCC#110118
所属クラブ : 横浜都筑アマチュア無線倶楽部
         横浜市アマチュア無線非常通信協力会都筑支部

<お役立ち情報にD-Starノード局&リフレクター関連の資料を掲載しました。>
14.
D-Starの運用方法 
15. D-Starノード局の立ち上げ方法(技術編)
16. マイノード局の使い方&SDバックアップ方法
17. SoundCard Repeaterノード(PC用)
18. SoundCard Repeaterノード(ラズパイ-FT817)
19.
ID31/51からのNode局制御方法
20. DVMEGAノード局の使い方
21. ノード局の電波干渉問題について 
24. DVMEGAファームウェアの書き換え方法(BlueStack Micro+使用)  
25. PCを使ったDVMEGAノード局の構成方法
27. Bluetoothモジュールを使ったBlueDV装置の構成方法
28.
BlueStack-Micro-plusを使ったBlueDV装置の構成方法
29.
DVMEGA-PC インターフェース回路
30. DVMEGAノード局の使い方(ラズパイ3用)
31XRFとFUSIONリフレクターの概要   
32. BlueDVの使い方 
33. ラズパイを使ったXLX Reflectorの立ち上げ方法
34. ラズパイ-DVMEGA装置を使ったBlueDVの使い方
35. DVMEGA-Bluetoothインターフェス装置の組み立て方法
36. DVMEGA-Bluetoothインターフェース装置の使い方
37. DVMEGA-PCインターフェス装置の組み立て方法
38. BlueDVインターフェース装置(V2.0)の組み立て方法 
39. 
BlueDVインターフェース装置の使い方  
40.
BlueDVインターフェース装置(V2.5)の組み立て方法 (新規)
50. 
BlueDV装置の頒布について 
(改版)

<BlueDV インターフェース基板の頒布を始めました。>

(1) BlueDV-IF V2.0 基板 ---  RN42 Bluetoothモジュール使用 (技適番号あり)
     DVMEGA基板と組み合わせて使う。 USB電源(5V) or 3Vでも動作する。
(2) BlueDV-IF V2.5 基板 --- HC-05 Bluetoothモジュール使用
     機能はV2.0と同じ。
   RN42よりBluetooth-WiFi電波干渉が発生するケースが少ない。
(3) DVMEGA-PC IF V2.0 基板
  PCとUSBケーブルで接続して、BlueDV for Windowsとして使う。


        (ケース入り完成品)
inserted by FC2 system